うーーーん、、慶應大学ラグビー部の春は厳しいスタートを切りました。

 

VS 東海大学       17-29

VS 大東文化大学 43-12

VS 帝京大学       20-42

VS 流通経済大学 12-38

 

どれも強豪校なだけに、奮闘したとも言えますが

やはり去年の4年生のメンバーが抜けた穴は大きいようです。

 

 

ご存知慶應は、スポーツ推薦が厳しいため、毎年内部生主体のチームづくりは、もう伝統と言っていい。

 

他校と比べてもその比率は比較にならない。

 

だからこそ、マニアックなコアファンが多いという側面もあります。

 

 

昨年の4年生は、慶應義塾高等学校3年生の時に花園に行きました。

 

ご存知慶應高校は神奈川予選。

 

(兄弟校の慶應志木高校は埼玉予選。どちらも厳しい)

 

 

そうです、、あの今じゃ全国でもTOP3に毎年入る

 

「桐蔭学園」と同じ県で戦います。

 

 

つまり、全国でもTOPクラスに入るチーム作りをしなきゃ、必然と全国大会には出場できないということ。

 

逆にそこを突破すれば全国TOPチームの仲間入りとも言える。

 

去年の4年生は、そこを突破しました。

 

だからこそ、去年の期待値は高かった。。。

 

あの忘れもしない、最後の早稲田戦に勝って入れば、優勝もあったと筆者は思っております。

 

(たら・れば は良くないですが……)

 

 

その4年生が一気に抜けたということで、ファンとしては不安な年ではありますが、当然ガチで応援しております。

 

 

なので、ある意味想定内の春の結果ではありますが……

 

 

なんとかこれから、夏合宿を乗り超え秋までにチームのレベルアップに期待します。